サタデー・ナイト講座 Saturday Night Seminar


 

グローバルなコミュニケーション能力を育成するビジネス英語研修です。

 

生のAcademicな英語で社会経済に関するLectureを聞き、質疑応答、議論を行う講義型3時間の集中研修です。自分の思いを語るプレゼンテーション演習も含みます。


世界経済を理解するバイリンガルを目指しませんか?


次回は別途ご案内いたします。前回の模様です。

開催日:2017年3月11日(土)

午後:18時~19時(3時間の集中) 
   
 (17時45分に開場・受付

 

会 場:新橋バルーン

 

参加費:1,000円(消費税込)

   

講 師:ジエームス・B・コール James B.Cole

 


 

    通貨の廃止Demonetization
and Fake News

 

 

 

He goes into several subjects (1) Demonitization in India, (2) Dangers of a cashless society, (3) Fake news.

On 8 Nov. 2016 the words “demonetize,” and “demonetization” suddenly appeared in the headlines.

 

 


概要:
 生の英語で経済に関するLectureを聞き、質疑応答、議論を行うレクチャー参加型です。

 

演題:インドでの 通貨の廃止及び偽ニュース

 

インド社会で始まった経済改革を目の当たりにした講師が、何が起こっているのかを実例の写真をお見せしながら解説します。多様な文明・文化・民族が共生するインド社会で一体何が、何の目的で“通貨の廃止”が展開されているのでしょうか。 後半では、偽ニュースの影響にも触れます。

質疑・応答のセッションでは、和室の畳に座り、テーブルを囲み、気軽に話しあいます。最後の30分では、希望者に3分スピーチをお願いします。講義に触発され自分の考えを述べる絶好のステージとなります。

講義の特徴:

 

James Cole 氏が、アカデミックな英語で易しく解説します。自然と湧いてくる疑問、質問は、その場でお聞き頂く双方向の活発な講義となります。知識の固まりを英語のままで習得し、触発されて何かを考え、その想いを語る、このプロセスが、実践的なグローバル英語力の決めてとなります。ぜひ、ご体験下さい。

 



ジエームス・B・コール James.B.Cole

 

米国人で日本滞在が長く、パビリック・スピーチ日本大会では英語・日本語両部門で優勝の実績がある両文化通。元筑波大学教授で、光工学、電磁波、オプティック・エンジニアリングを研究した科学者。機知に富む話題と展開でメリハリのあるプレゼンが特徴。




◆プログラム 

   17:45 開場・受付

 

 18:00 オリエンテーション  (用語、スピーチ形式解説) 安達信男

 

 18:30 レクチャー(90)       講師:James B. Cole

 

 2000 休憩-Coffee Break- 

 

 20:15 プレゼンテーション演習  講師:James B. Cole、安達信男

   21:00 終了   (注:2100-2115 Free Time)
            注:この後、近くのレストランで夕食会を行いますのでご参加ください。


◆受講対象:

① 英会話の一貫として時事英語に触れてみたい方、海外旅行の準備中の方

② 英語を使う仕事に従事する、海外出張、社内公用語に対応する方

③  科学・技術の動向や最近の社会トレンドに関するレッスンに興味のある方


演題: 通貨の廃止及び偽ニュース Demonetization and Fake News

 

He goes into several subjects (1) Demonitization in India, (2) Dangers of a cashless society, (3) Fake news.

On 8 Nov. 2016 the words “demonetize,” and “demonetization” suddenly appeared in the headlines.

The Government of India suddenly declared that the 500 and 1000 rupee (Rs) notes would be invalid after 31 December 2016. Up to a Rs50,000 limit the demonetized banknotes could be exchanged for new ones without any questions being asked (about how the money was obtained), but the any excess amount would have to be deposited in a bank account.

The purpose of this exercise, the Government declared, was to eliminate “black money.” Indeed huge amounts of cash in the form of the soon to be demonetized notes were used to pay taxes. Tax offices were suddenly flooded with cash and real estate prices fell (many people were using cash to buy property). Thus to some extent demonetization succeeded.      

 

On the other hand, suddenly shops and business long accustomed to doing business in cash had to stop accepting the Rs500 and Rs1000 notes. Needless to say many people, who do not have credit cards or bank accounts were inconvenienced. Many small businesses do not have the capability to handle credit or debit cards, and lost business.  While many educated people with good jobs in the large cities already have bank accounts, many rural villages – even just 30 or 40 km from a large city – do not even have a bank. Because of the sudden announcement the banks were overwhelmed with work, and there was not enough of the new cash to replace the demonetized notes.

 

ダウンロード
2017-01-28-N James Draft インドでの 通貨の廃止及び偽ニ
PDFファイル 539.0 KB




受講申し込み

 

是非、ご検討頂き、webで登録お申込みをお願いします。

 

 http://www.agiclabo.com/技術英語研修/ビジ英語-academic-lecture/

なお、下記にメールで登録を行い、当日に会場での支払いも可能です。

  メール:adachi@agiclabo.com     担当:安達信男  

サタデー・ナイト講座

¥3,000

次回は別途ご案内いたします。前回の模様です。