ビジネス英語:”Lecture in Academic English”


 

グローバルなコミュニケーション能力を育成するビジネス英語研修です。

 

生のAcademicな英語で社会経済に関するLectureを聞き、質疑応答、議論を行う講義型3時間の集中研修です。自分の思いを語るプレゼンテーション演習も含みます。


世界経済を理解するバイリンガルを目指しませんか?


注:次回は別途ご案内いいたします。前回の講義の模様は下記をご参照ください。


開催日:2016年10月30日(日)

午後:13時30分~16時(2時間半の集中) 
   
 (13時に開場・受付

 会 場:王子北とぴあ  8階 801 特別会議室

    *王子駅すぐ隣の高層ビル 

  王子駅北口徒歩3分 (JR京浜東北線、東京メトロ南北線)

参加費: 3,000円(消費税込)/1人

 講 師:ジエームス・B・コール James B.Cole 


 

もはや、FinTechがもたらす金融サービス革命は、決して未来の話ではなく、個人の資産管理や貯金、投資といった分野では既に、消費者の日常的な行動を変え始めています。
 
この現状で、9年前の金融危機、その経済理論を英語で学ぶことは、今後のビジネス、財テクにも大変に意義がありますので、共に、学習しましょう。

 


  忘れかけてきた金融危機、2008年のリーマン・ショック、早くも9年経過しており、10年周期の金融危機が来年あるかの予測も出ております。 元筑波大学教授のJames B.Cole 氏が、2009年に書き上げた論文が有ります。この中で、「定性的な外観と市場価格の変動の統計的傾向は、日、週、月、年という時間スケールでみると同じ」という興味深い発見があり、ここから論を展開し「中央銀行や規制当局は、変動に対する経済の影響を緩和する新しい仕組みを考案すべき」と指摘しております。この論は、現在にも通じます。James氏が、基本的な考え方、セオリー、金融モデルをアカデミックな英語で易しく解説します。自然と湧いてくる疑問、質問は、その場でお聞き頂く双方向の活発な講義となります。

 知識の固まりを英語のままで習得し、触発されて何かを考え、その想いを語る、このプロセスが、実践的なグローバル英語力の決めてとなります。ぜひ、ご体験下さい。

Introduction
Poker, horse racing, and market speculation, the Holy Grail of all gamblers is to discern patterns in apparently random events. In 1963 Benoit Mandelbrot, a mathematician at IBM Corporation, analyzed commodities price fluctuations using a computer, and noticed a curious fact: the qualitative appearance and statistical nature of market price fluctuations are the same on all time scales. Just by looking at price data, without any a priori information (see Fig. 1), it is impossible to tell whether the time scale is days, weeks, or months. Although the exact details of the plots below differ, their statistical nature is the same. This phenomenon is called scale invariance.  Something that is scale- invariant is called a fractal.  Not only price fluctuations, but also many natural phenomena, such as coastlines seem to be fractal. Mandelbrot observations are used in mathematical models for computerized trading systems, and in models used to evaluate the risks of different investment strategies.
 


ジエームス・B・コール James.B.Cole

 

米国人で日本滞在が長く、パビリック・スピーチ日本大会では英語・日本語両部門で優勝の実績がある両文化通。元筑波大学教授で、光工学、電磁波、オプティック・エンジニアリングを研究した科学者。機知に富む話題と展開でメリハリのあるプレゼンが特徴。



概要:
 生の英語で経済に関するLectureを聞き、質疑応答、議論を行うレクチャー参加型です。

1部: レクチャー:

「混沌とした経済:The Chaotic Economy
 大学の講義のような解り易い解説を生の英語で受け、易しい解説の後、質疑応答するワークショップです。最近の骨のある課題に英語で取り組むユニークな機会となります。
 

2部:プレゼン演習:
テーマに関する意見、得意分野の紹介

基本フォームに書き込んで簡単なプレゼンを演習します。
講師のフィードバックがあり伝わったかを自分なりに把握できます。
生の英語に慣れることで自信がつき、大切な自分の意見を英語で発信できます。
注:事前に受講者へテキストを配布しますので、あらかじめ準備することで安心して参加でき、効果も上がります。


◆プログラム

1300 開場・受付

13:30 オリエンテーション  用語、スピーチ・フオームの解説)

1400 レクチャー  講師:James B. Cole

15:20 休憩-Coffee Break- 

15:30 プレゼンテーション演習 講師:James B. Cole

 

16:00 終了 (Free Time untile 17:00)   

 


◆受講対象:

① 英会話の一貫として時事英語に触れてみたい方、海外旅行の準備中の方

② 英語を使う仕事に従事する、海外出張、社内公用語に対応する方

③  科学・技術の動向や最近の社会トレンドに関するレッスンに興味のある方

 例えば、営業担当、マーケティング担当者、IT技術者、保守・運用技術者、システム・エンジニア、ソフトウェア開発者、国際事業の従事者等。


概要
<金融サービス創造を目指すFinTech(フィンテック)>
  ビッグデータ、AIIoTやブロックチェーンなどの先端ITによる技術革新から、今、金融とITをかけ合わせ、革新的なサービスを創出する「FinTech」の潮流が全世界に押し寄せています。

 既存の金融システムを作り変え、Web決済・融資や暗号通貨などで裾野の広い産業を創出する可能性を持っており、FinTech社会に向けて政府も含めた各プレイヤーが取り組んでいます。 もはや、FinTechがもたらす金融サービス革命は、決して未来の話ではなく、個人の資産管理や貯金、投資といった分野では既に、消費者の日常的な行動を変え始めています。

  
この現状で、9年前の金融危機、その経済理論を英語で学ぶことは意義があります。

注:リーマン・ショック: 2008915日に、アメリカ合衆国の投資銀行であるリーマン・ブラザーズが破綻(Bankruptcy of Lehman Brothers)したことに端を発して、続発的に世界的金融危機が発生した事象を総括的によぶ。連邦倒産法第11章適用を申請し破綻。負債総額6130億ドル(約65兆円)

<元筑波大学教授のJames B.Cole さんの論文-抜粋>

last revision 19 March 2009 James B. Cole, University of Tsukuba

Mathematical Models in Economics and Finance,
 what they can and cannot tell us

はじめに

 ポーカー、競馬、市場の投機、すべてのギャンブラーの聖杯は、ランダムなイベントのパターンを明らかに識別することです。 1963年にブノワ・マンデルブロ、IBM Corporationの数学者は、コンピュータを使用してCommodities price変動を分析し、興味深い事実に気づいた:定性的な外観と市場価格の変動の統計的性質は、すべての時間スケールでは同じであることです。ただ、いずれの事前情報なしに、価格データを見ることで、時間スケールは、数日、数週間、あるいは数ヶ月であるかどうかを判断することは不可能である。
 この現象はscale- invarianceと呼ばれている。scale invarianceである何かはfractal 呼ばれる. 価格の変動だけではなく、海岸線など多くの自然現象は、fractal(フラクタル)であるように思われる。Mandelbrots観察は、コンピュータ取引システムの数学的モデルで使用され、モデル内の異なる投資戦略のリスクを評価するために使用されます。
 ほとんどの現象は、簡素化のためにいくつか並べ替えなしに理解するにはあまりにも複雑です。モデルは、その本質的な特徴を捉える実システムの簡易版です。モデルは、事実を理解するために、私たちの知識を整理し私たちを助けます。良いモデルにより実際に新しい現象を予測することができます。 KobayashiMasukawaモデルは、後に発見された新しい亜原子粒子を予測しました。モデル構築は、科学同様に芸術ですが、Occam's razorの原則と一致して、最も単純なモデルが事実を説明するには最適です。
 ビジネス、金融、投資リスク評価のためのモデルは、最近の経済において重要な役割を果たしてきました。ここでは、いくつかの簡単な例のモデルをご紹介し、その機能を探索し、その後、我々は実際のシステム、およびモデルの限界について抽出することができます。そのような洞察について話し合います。

Introduction

Poker, horse racing, and market speculation, the Holy Grail of all gamblers is to discern patterns in apparently random events. In 1963 Benoit Mandelbrot, a mathematician at IBM Corporation, analyzed commodities price fluctuations using a computer, and noticed a curious fact: the qualitative appearance and statistical nature of market price fluctuations are the same on all time scales. Just by looking at price data, without any a priori information (see Fig. 1), it is impossible to tell whether the time scale is days, weeks, or months. Although the exact details of the plots below differ, their statistical nature is the same. This phenomenon is called 􀂳scale invariance. 􀂴 Something that is scale- invariant is called a 􀂳fractal. 􀂴 Not only price fluctuations, but also many natural phenomena, such as coastlines seem to be fractal. Mandelbrot􀂶observations are used in mathematical models for computerized trading systems, and in models used to evaluate the risks of different investment strategies.


 セミナー効果の出る一例

◆打ち合わせ、交渉、プレゼンテーション(聞く、話す): 海外ベンダーの技術者が来日して、新製品や新機能の説明、及び技術研修を英語で行うことが多々あります。また、年次コンファレンスへの参加、特別な案件に対する検討会議、機能追加に関する仕様の説明会といったアクティブな場面では、ベンダー技術者と直接会話できるようになります。問題解析を行える素養を身につけるので、本番でエスカレーションする時には自信を持って対応できるようになります。 




受講申し込み

 

是非、ご検討頂き、webで登録お申込みをお願いします。

 

 http://www.agiclabo.com/技術英語研修/ビジ英語-academic-lecture/

なお、下記にメールで登録を行い、当日に会場での支払いも可能です。

  メール:adachi@agiclabo.com     担当:安達信男  

ビジネス英語:”Lecture in Academic English”

¥3,000