安達信男 プロフィール


安達信男

概要

大変明るい前向きの性格です。
課題に当たっては、広い見識と豊富な経験から構想を描きながら最適ソリューションを導きだします。
ヒューマンネットワークを駆使した適格なアプローチが持ち味です。

【職歴】
NTTで国際ビジネス、その後(株)ミライト

【資格】
電気通信(交換・伝送)主任技師、
PMP(PMI認定)
ITコーデイネータ
電気通信主任技術者

【業務経験】
海外機器の日本展開及び代理店業務
ITコンサルティング業務
法人営業

【学歴】
慶應義塾大学文学部卒業
国立宮城高専電気工学科卒業


海外機器の日本展開及び代理店業務


 キャリヤ系NW機器、法人系NW系機器、セキュリテイ装置、映像メディア、EC/EDI、IPSや通話録音等の製品取り扱い経験から、米国等の海外ベンダが日本に進出する場合のマーケティング、代理店業務を展開。

 海外製品の発掘と製品化の思い出 もご覧ください。

ITコンサルティング業務


 ITコーデイネータ資格、更に、PMI公認PMP資格を取得しIT業務に、要件定義、プロセス管理等、その方法論を活かしている。オフイスITソリューション分野での生産性向上、更に、ビジネス・コンピューティング(シンクライアント)、ネットワーク製品、Webサーバ、ブロードバンド回線、映像配信を統合したITシステムの提案と構築を実施。インターネットセキュリティ分野ではトップレイヤーネットワークスIPS、及びコンタクトセンタでは通話録音を展開。

職歴等


 国立宮城高専電気工学科を卒業後、NTTにデータ通信専門で入社。

 コンピュータ部門、交換部門、営業部門、国際部門を担当し広範囲の分野を経験した。

 国際部門でのEC/EDIビジネス、ソリューション営業本部でのITコンサル、子会社NTTPCで海外製品の代理店営業やASP型シンクライアントを展開。

 

 NTT退社後は、パートナー会社である通信建設会社でICT事業を担当。

 インターネットセキュリティ分野ではトップレイヤーネットワークスIPS、及びコンタクトセンタでは通話録音を展開した。

 

 国際関係ではAT&T製データ交換機(Data Kit)のOEM販売、日米調達手続きに基づく海外通信機器調達管理(局用交換機、オペレーションシステム等)、米国企業(Sterling Commerce)との電子商取引VANの提携、外資系企業(Cisco, FedEx, EDS)との協業ビジネス・モデル検討などに従事、ビジネス出張の回数は米国、アジアを中心に多い。

 

 英語に関しては、入社後、慶應義塾大学文学部を卒業、且つ、神田外語学院国際ガイド科(夜間)を終了し、その後は、ESSを結成して学習を継続。1990年からは、国際Toastmaster活動に参加し、英語によるコミュニケーションとプレゼンの研鑽をしており、英語による意思疎通は可能で、且つ、その難しさも体得している。

 英語によるビジネス展開の経験あり。

認証等


ITコーディネータ認定証(0056982006C)

特定非営利活動法人ITC協会

PMP(PMI認定:183966)
2004年3月14日以来Project Management Institute

電気通信主任技術者
(伝送交換主任)AA85A01168C号 1985年9月27日

電気通信主任技術者
(線路主任)AA86A00514F号 1986年3月5日

中国 蘇州大学教育学院 客員教授

2005年4月10日以来